小学生中学生からのアメリカ留学 タコ親子体験記

ジュニア ボーディング スクールの全寮生活を公開中!ICT教育・クリティカルシンキング +゚*。:゚+d(`・∀・)b+自己肯定感を増やし自立した子を育てる+d(`・∀・)b+゚:。*゚+.

ボーディングスクールの冬休み⛄Chromebookで学習効率UP②⛄🎄ストンピーJr.執筆編🎄

f:id:stonepy:20210119232815j:plain
サンクスギビングが終わると気持ちはすでに冬休み

ストンピーjr.も帰国した事ですし、本日のブログはChromebookを実際に3か月間授業や宿題、スケジュール管理に使っていた本人に書いてもらいました!

               👇 👇 👇

ストンピーJr.です🐙!
Chromebookは紙で学習していた時より整理整頓が苦手な僕の学習に適していて、思ったより何でもできるので紹介します!
何でも液晶画面一つに表示して見ることができるから探す面倒がないし、話したい人とすぐ繋がれる窓のような感じなんです🐙

Chromebookはどの授業でも使うので、必ず充電するようにと言われています。

先生がリモートでZoomをたくさん使用する場合は、充電器を持ってくる事が推奨されています。
朝食をダイニングホールで食べた後、Chromebookでスケジュールを確認して1時間目のクラスに行きます。

月・水・金曜日はZoomでUpper school(僕はMiddleにもUpperにも所属しています)の校長から10分程度のMorning meetingがあります。
大体の時は1時間目の先生が大画面にZoomを映してくれます。

Morning meetingでは、今週・来週の流れやイベントを通知してくれます。(コロナテストの順番や特別授業のお知らせ等)

アカデミック系(英語・歴史・理科・言語)の授業の50分間はずっと先生がリモートの生徒の為にZoomを開いています。
クラスの中心にMeeting Owlという360度カメラが置いてあり、リモートの生徒はそこからカメラが見えます。

リモートの生徒とディスカッションするときはクラスに居る生徒もChromebookを使ってZoomに繋げます。
クラスの内容はだいたい授業のコンテンツと宿題を先生が添削(この場合はアナログで)する時間の2つに分かれています。

授業のコンテンツは:

  • 先生が用意したブログやドキュメンタリーなどの資料を見て話しあう
  • そのトピックについて先生に説明してもらったり、話し合ったりする
  • ディベートをする
  • 宿題で出されたプレゼンテーションをする(他の人のプレゼンテーションの改善点や見習うべきところをメモする)
  • テストやポップクイズ(抜き打ちテスト)
  • クイズ系のゲーム(KahootやJeopardy等)

どの授業も生徒の発言や行動がないと成り立ちません。
一方的に先生から学ぶような授業は少なく、生徒としても先生やほかの生徒に教えるという事が期待されています。

先生も生徒がどういうことが学びたいのかを常に聞いてくれます。
添削の方は、生徒がちゃんと宿題をやっているのかのチェックという意味もあります。
先生は生徒のGoogle Driveの中身を見ることができるので、「宿題やってあるけど、持ってくるの忘れました」はあり得ません(笑)。

勝手にアプリを入れれば先生から即バレて削除されるし、語彙を増やす毎日の課題はやっていた時間も先生から丸見えです。

もちろんGoogle Docsはリアルタイムで他の人と編集することもできますが、やっぱりどっちも部屋に戻ってから同じ時間に宿題を始めることも少ないので、授業でやることが多いです。

これは宿題チェックとは別で、宿題を提出前に先生に添削してもらうという事で、早めに添削しに行くように勧められています。

授業中にノートにメモを取るという事はあまりしませんが、授業で学んだことの感想やまとめを書く宿題などがあるので、聞いたことは覚えておく必要があります。

でも、授業中に見せてもらった資料などはだいたいChromebookに先生がリンクしてくれるのでメモを取らなくて困ることはありません。

むしろ、授業に集中できるのでノートを取らない授業は素晴らしいです。
宿題でドキュメンタリーを見る場合はまとめを書く宿題が出ることが多いです。

Tutorなどの授業はだいたい先生はリモートなので、ChromebookでZoomを繋げ、進行状況や出された宿題について話し合います。
Tutorとは親のように宿題をちゃんとやってるかチェックしてくれたり、宿題の手伝いなどもしてくれる人です。

寮に戻って1時間くらい休みがあり、その後に夕食前のStudy Hallが1時間あります。
Study Hallは基本的にずっとChromebookで宿題をするという時間です。
この時間中はスマホを寮の親に預ける必要があります。👈しかしなぜかStudy Hallの時間にスマホを持ってる子がいる( ゚∀゚)!?

まずChromebookから学校のウェブサイトの生徒用ダッシュボードで今アクティブな宿題(出されたけどまだ提出してない宿題)のリストを確認し、その宿題を始めます。

99%の宿題はGoogle DocsGoogle Slideなどの形で提出するため、学校のウェブサイトからアップロードして提出できるようになっています。
早い時は提出したその日に先生がチェックしてくれます。
学校に行って添削し終わった後に、ウェブサイトから再提出することもできます。

もしStudy Hall中に終わらなかったら、In Progressというタグをつけ、Google Driveの教科フォルダに入れることで先生にちゃんと始めましたと言うことを伝えられます。

途中の宿題に先生がコメントをしてくることもあります。(これは素敵な指導です!最後まで自分一人で方向性を間違えたまま終えるより、途中の宿題を見て先生がそうじゃなくて~、とアドバイスをくれれば無駄な作業が減ります)

宿題の提出期限を過ぎると、宿題リストの中でその宿題が赤くなり、一目で遅れてる!💦と気付きます。
でも、その宿題を1週間以上放置するとリストから消えてしまうため、先生から手動でMissing Assignmentという必ず上にあるリストに表示することができます。

先生が宿題のファイルを受け取り、遅延が許容範囲内なら初めて先生から手動でそれを消すことができます。(提出期限を過ぎるとその部分の配点が0点💀になることもあるので期限は重要です💀)

夕食後にも1時間Study Hallがあり、その後1時間自由時間(僕はスカッシュをしに行きます。サッカーやマシントレーニングに行く子もいます)があって、15分くらいで寝る準備をして15分後に消灯です。

スケジュールはみっちりでですが、どれも課題は感動があり、自分のためになっているという充実感を感じて1日を終えることができています✨

chromebookの使い方のはずが、一日のスケジュールの話になってしまいましたが、ボーディングスクールの学習方法が何となく伝わったでしょうか?
僕もまだスタートしたばかりなのでこれからも報告させていただきます🐙💕