小学生中学生からのアメリカ留学 タコ親子体験記

ジュニア ボーディング スクールの全寮生活を公開中!ICT教育・クリティカルシンキング +゚*。:゚+d(`・∀・)b+自己肯定感を増やし自立した子を育てる+d(`・∀・)b+゚:。*゚+.

濃厚接触者の隔離生活終了✨ビンゴの熱狂に秘密が隠されている✨

f:id:stonepy:20210201205630j:plain

多くの人が熱狂するゲームには運の要素が不可欠! 
  息子が米国で濃厚接触者になり2週間の隔離生活を送っていました(-_-;)

 

その後、ストンピーJr.は陰性のまま寮に戻ることができました。ヨカッター✨

でも、小中学生にとって14日間も監禁されることは思った以上にツラかったです。😨

食事はバフェに行けず栄養バランスを自分で調節できないし、毎日の体育も就寝前のスカッシュも参加できず、あらゆるコミュニケーション不足は心身に悪い~。

 

そんな中でもzoomやSkypeで家族や兄弟と繋がり、オンラインで授業に参加できたり、簡単に動画を視聴できたりする技術は隔離中の救いになり、監禁されたからこそこれらがどれほど役立つ技術か改めて思い知る機会にもなりました。

 

隔離終了は週末だったので、いきなり週末アクティビティでした。

コロナ前ならば土日はアクティビティが満載で、キャンプに行ったりスポーツ観戦をしたり様々な楽しいトリップが選べたのですが、今はほとんど学校内でできるゲーム大会です。

そしてあらゆるゲームで遊んだ〆は何故だがいつもビンゴ

ビンゴと言えば、単純なルールで幼稚園の頃に学期末に良く行われた記憶がありますが、ボーディングスクールでもビンゴをやるとは。

しかも、叫んだり踊ったり、必ず異様に盛り上がるんだそうですw

自分では耳を澄ますことくらいしか対策のしようがないビンゴ。。。。

それなのに何でこんなに盛り上がるの?と不思議になってストンピーJrは調べました。(日常生活の中で見つけた何故?をすぐ調べる習慣が身に付きました!)

ゲームは難しすぎるだけでも、簡単すぎるだけでもダメで、運の要素を入れることで、プレイ中の不特定多数の人を夢中にさせやすくするというのです!

うーん、確かに誰もが知ってる大人数でわいわい盛り上がって遊んだゲームを思い出すと、ウノや神経衰弱、ダーツやポーカー、他にも……運の要素が大きいゲームばかりだったわ。
これって、かなーりいろいろな事に応用できる法則ぢゃ??(;・∀・)

例えば受験など様々な椅子取りゲームも、グレーな部分があるから誰もにチャンスがあると感じて熱狂するとか……ね💦

 

f:id:stonepy:20210202213327j:plain

テーブルサッカーも飽きないのかい?というくらい毎晩盛り上がっています^^;

さあ、明日から久しぶりの対面授業!と思ったら東海岸は猛烈な大雪予報で臨時休校ですって💦⛄  

明日は食材も配達が来ないから、ダイニングルームのメニューが変更になります、っって、今以上に食材が減ったらどんなメニューになるって言うの~w